令和4年度教員採用選考試験の勉強におすすめしたい教材

採用試験
スポンサーリンク

筆記試験の勉強をするのに、どんな教材を使って勉強すれば良いか悩んでいませんか?

教員採用選考試験の試験内容にも書きましたが、

筆記試験は、

教職教養試験」「一般教養試験」「専門教養試験」「論作文」

を自治体ごとに多少違いがありますが、これらが行われます。

教職教養試験 おすすめ教材

・主な出題分野は「教育原理」「教育法規」「教育心理」「教育史」「教育時事」「各自治体の施策」「教育課程に関すること」に分けられます。

学習指導要領、文部科学省の通知文・報告書、中央教育審議会の答申をはじめ、道徳教育、人権教育の原理など様々な分野からの知識が問われます。

基本から過去問まで おすすめ

教育法規を勉強するならこちら

千葉県・千葉市受験の方 おすすめ

一般教養試験 おすすめ教材

 主な出題分野は、「教科問題」「時事問題・一般常識」に分かれています。

「教科問題」では、概ね高校までに学習するレベルの内容で、国語・数学・英語・社会・理科からまんべんなく出題されます。

「時事問題・一般常識」では、過去数年のニュースから出題やその都道府県ごとの問題といったローカル問題などが出題されます。

基本から過去問まで おすすめ

専門教養試験 おすすめ教材

・志望する校種・教科に対する専門的な知識を中心に、その指導要領や指導法も問う試験です。

・小学校の場合は、5教科で高校1年生程度までの基本的な学習事項が中心の問題を、50分~60分ですべて解くようになっていたりします。

中学・高等学校の各教科では、中学校から高校、大学までの学習事項についてより専門的なレベルで出題されます。学習指導要領からの出題では教科の「目標」「各学年の目標及び内容」といった内容が問われます。

基本から過去問まで おすすめ

千葉県・千葉市受験の方 おすすめ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました